— Catch the Dream  ~県民の夢と希望を抱いて~ —

法人概要

  • 法人名 株式会社埼玉県民球団
  • チーム名   武蔵ヒートベアーズ
  • 代表者 代表取締役社長 石田 涼太郎
  • 役 員 取締役副社長 兼 ゼネラルマネージャー  五十嵐 章人
  •     取締役 小坂 則夫
  •     取締役 栗原 良太
  •     監査役 富田 満
  • 所在地 〒360-0014 埼玉県熊谷市箱田6丁目17-22
  • 連絡先 
  • 開 業 平成26年7月

【球団概要】

球 団 名武蔵ヒートベアーズ
   球団代表  石田 涼太郎
ゼネラルマネージャー  五十嵐 章人
監督  小林 広之
ヘッドコーチ  袴田 英利
トレーニングコーチ  中林 広之
所 在 地埼玉県民球団 内
活 動 範 囲熊谷市を中心とした県北エリア、他、県内全域
営 業 内 容BCリーグ運営ラインに沿った地方独立プロ野球球団として公式戦の開催
NPB出身者による児童・指導者を対象とした野球教室の企画・運営・開催
野球を軸にしたスポーツの普及と地域活性に準ずる各種教室の開催
行政機関をはじめ各種地域各団体との連携事業の参加及び立案・企画・運営

【BCリーグ運営概要】

対象地域 「埼玉県、群馬県、新潟県、福島県、長野県、富山県、石川県、福井県、栃木県、滋賀県」の10県にそれぞれ球団法人を設立し、10球団によるリーグ戦を実施。
公式戦概要運営体制:2地区制・前期 後期制
レギュラーシーズン:4月中旬から9月下旬
試合数:1球団あたり年間76試合(ホーム36試合+ビジター36試合)
開催日時:土・日・祝日を中心に実施
試合球場:各県の県営・市営球場
交流戦:NPBファームチーム、海外の独立リーグ球団との間で交流戦を実施予定
チーム編成概要所属選手:1球団最大27名
選手年棒:シーズン中(4月~9月または10月)は月給を支給
選手契約:統一契約を締結(原則として1年契約)
指導者:1球団2名程度(監督1名、コーチ数名)NPB出身者を中心に編成

【来歴】

【平成27年度】 【平成26年度】 【平成25年度】

平成25年10月球団発足エリア、フランチャイズの調査を経て、設立地区を埼玉県とする。
球団ホーム所在地を熊谷市と定め、主要商圏内の行政機関及び、野球関係団体との調整に入る。
併せて、BCLとの参入に関する具体的協議に入る。
11月埼玉県内の野球関連団体、熊谷市をはじめとする主要活動エリア内の関係各団体と調整を始める。
BCL代表者会議において、新規参入に関する最終協議を行い、参入承認の採決を待つ状態となる。
12月埼玉県知事との意見交換を行い、新球団設立に関して埼玉県としての誘致協力を得る。
埼玉県内の経済交友団体組織との交流を開始する。
12月6日BCLより2015シーズン参入を目標にした新球団設立の承認を得る。
12月24日熊谷市役所において新規参入に伴う法人設立準備開始及び球団発足に至る記者会見を行う。
平成26年1月事業本格活動となる。県内各地区の球場使用承諾取得のための調整活動に入る。
2月県内各所へ出張野球教室の展開をはじめる。
企業スポンサー様の獲得に向けた活動を本格化。
運営ボランティア様の組織構築を開始。
3月シーズン公式戦受入準備の開始。
後援会組織構築開始。
4月球団PR活動を本格化。
BCリーグ2014シーズン開幕、既存球団へ研修開始。
埼玉県内にて出張野球教室をスタート。
6月24日ルートインBCリーグより正式加盟承認。
6月27日結団式、球団ユニフォーム、チーム編成のお披露目。
ベアーズ公式チアリーディング構想発表。
7月2日法人化。
9月BCリーグ2014シーズン閉幕。
プレーオフ及びチャンピョンシップ開催。
10月27日武蔵ヒートベアーズ 初代監督 星野おさむ就任発表。
11月8日~ルートインBCリーグ合同トライアウト開催。
11月28日ルートインBCリーグドラフト会議開催。
12月8日石井義人コーチ就任発表並びに、獲得選手発表。
平成27年1月8日小林宏之コーチ就任発表。
1月10日年頭祈願祭開催。
3月14日2015シーズン参戦出陣式開催。
3月15日キャンプイン。
3月21日オープン戦。
4月11日ルートインBCリーグ 2015シーズン前期開幕。
5月8日星野おさむ監督辞任・退団。
小林投手コーチが監督代行に就任。
五十嵐GMがヘッドコーチ兼任。
7月2日前期公式戦 2位で通過。
7月3日2015シーズン後期開幕。
7月30日ベック・チャスン投手が千葉ロッテマリーンズ移籍。
9月16日ルートインBCリーグ 2015シーズン閉幕。
9月22日秋期キャンプイン。
10月21日秋期キャンプ終了。
10月22日NPBドラフト会議開催。
武蔵ヒートベアーズより育成ドラフト5名指名!
・小林大誠/捕手【巨人】育成2位
・三ツ間卓也/投手【中日】育成3位
・田島洸成/内野手【巨人】育成4位
・大竹秀義/投手【巨人】育成5位
・矢島陽平/投手【巨人】育成7位
11月4日2016シーズン監督 小林宏之監督就任発表。
12月17日新任コーチ就任
新入団選手 入団記者会見
  • 埼玉県民球団設立趣意
  • —Catch the Dream 県民の夢と希望を抱いて—
  • 埼玉県民球団にとっての野球とは
  • ・野球は国技である!
  • ・子供達の憧れ
  • ・格好良いものでなくてはならない
  • どんな野球団を目指すのか
  • ・地域一丸となれる球団
  • ・みんなの集える場所
  • ・未来を担う子供たちに経験と感動を与えられる野球団
  • ・リーグの中の球団で在り、他球団とのコミュニケーションを図る

公式ロゴマークとチーム名の由来

武 蔵:旧律令国においては、現在の埼玉県の領域は大部分が武蔵国に含まれていたことによる。
ヒート:日本国内でも熱いことで有名なこの地域を、野球を通して熱く盛り上げたいという意味。
ベアーズ:強く逞しく、反面可愛らしい愛嬌を持ち備えた“くま”と熊谷市の「熊」からBEARをイメージ。

チームカラーの意味

チーム名に「HEAT」と付記し、チームカラーに赤を選ぶ事により暑い!熱い!熊谷を表現しています。
またもう一つのチームカラーは「勝色」と呼ばれる青を採用し、試合に勝つ!強いチーム作りを目指すことを表現しています。

チーム公式キャラクター(マスコット)

メインキャラクターのMB(エンビー)は、強く逞しい熊の男の子で、野球少年達のヒーローのようなイメージ