Baseball Challenge League

BCリーグとは、四国アイランドリーグに続く日本で二番目のプロ野球独立リーグとして2007年4月に開幕した義務教育課程を修了した年齢・性別・学歴等問わず、NPBへの躍進を夢見た選手たちが活躍するプロ野球リーグです。

発足初年度は新潟・長野・富山・石川の4県でスタートし、2年目の2008年には群馬と福井が加盟して6球団となりました。そのいずれもが特定の大企業に頼らず、地域の皆様から出資をいただき、たくさんのスポンサーに支えられ地域密着を重視した運営を行っています。

リーグの根幹を支える「BCL憲章」

BCリーグは「スポーツを通じての地域貢献」を最も重要な理念として掲げています。地域の活性化の主人公は、地域の未来を背負う元気な子供たちであると考えます。子供たちが元気であれば、地域も活力を持ちます。

この理念のもとに、BCリーグでは2009年に「BCL憲章」を制定し、選手・監督はもとより、フロントスタッフ・リーグ運営スタッフの全員で共有し、行動の指針としています。

BCL憲章と地域の子供たちのために

  • BCリーグは、地域の子供たちを、
    地域とともに育てることが使命である。
  • BCリーグは、常に全力のプレーを行う事により、
    地域と地域の子供たちに夢を与える。
  • BCリーグは、常にフェアプレーを行う事により、
    地域と地域の子供たちに夢を与える。
  • BCリーグは、球場の内外を問わず、
    地域と地域の子供たちの規範となる。